交通事故の被害

交通法規を理解した上で、当然ながら運転手は走行をしています。私達も安全な運転をするためには交通法規を確実に理解している必要がありますが、それをいつも実践できるかというとそれはまた異なってきます。法規はいつまでも私達を理解してくれる側にはありません。私達がそれを理解して、実践する必要があるのです。

例えば、自分自身で引き起こす単身の事故と、誰かを巻き込んでしまう事故があります。前者は、誰かに対して責任を負う必要は(普通は)ありません。しかし後者の場合、もし私達に責任があるのであれば、確実にその被害者側に対して、私達は責任を負わなければなりません。相手がどのような被害を受けたか、(これは逆の立場でも言えることですが)それによってどのような賠償を行うかという点も異なります。また、もし被害者側がその事故によって後遺障害を負ってしまったなら、それに基づいた賠償も行わなければなりません。

私達は、もしその当事者となってしまったら、その責任を『負えば良い』ということではなく、もっと後に引きずるようなものとなってしまいます。被害者に対して、のちのち迄残る傷跡を残してしまうことにもなります。それが、交通事故の被害がもたらすものです。