賠償の理不尽さ

世の中には、理不尽と思えるようなことがたくさんあります。そして、私達もそれを理解しているので、ときどき、自分たちに不利だと思えるような結果となったとしても、それを受け入れる時があります。それは、場合によっては必要なことかもしれません。しかし、交通事故という問題においては違います。なぜなら、そこには私達の生活、そして命が罹っているからです。

そもそも、交通事故は、「起こってからでは遅い」のです。なぜでしょうか。被害が発生してしまった時点で、どこかに責任が生じて、それを負わなければならない人が発生しています。その事故で悲しむ人もいます。それは、私達ドライバーだけの問題ではないのです。ですから、自分たちの運転が、他のいろいろな人に影響を与える可能性がある、そしてその影響は、マイナスの影響であることもある、という点を理解しておくなら、理不尽な結果を迎えないように、対策ができます。

交通事故は、いつ、どこで発生するかは分かりません。そして、それによって誰が、どのような後遺症を負ってしまうか、それに関して全くないとは、誰にも言い切れません。事故は、「発生してからでは遅い」…そのことを肝に銘じて、安全運転を徹底していきましょう。