Browse Author: 管理人

賠償の理不尽さ

世の中には、理不尽と思えるようなことがたくさんあります。そして、私達もそれを理解しているので、ときどき、自分たちに不利だと思えるような結果となったとしても、それを受け入れる時があります。それは、場合によっては必要なことかもしれません。しかし、交通事故という問題においては違います。なぜなら、そこには私達の生活、そして命が罹っているからです。

そもそも、交通事故は、「起こってからでは遅い」のです。なぜでしょうか。被害が発生してしまった時点で、どこかに責任が生じて、それを負わなければならない人が発生しています。その事故で悲しむ人もいます。それは、私達ドライバーだけの問題ではないのです。ですから、自分たちの運転が、他のいろいろな人に影響を与える可能性がある、そしてその影響は、マイナスの影響であることもある、という点を理解しておくなら、理不尽な結果を迎えないように、対策ができます。

交通事故は、いつ、どこで発生するかは分かりません。そして、それによって誰が、どのような後遺症を負ってしまうか、それに関して全くないとは、誰にも言い切れません。事故は、「発生してからでは遅い」…そのことを肝に銘じて、安全運転を徹底していきましょう。

認定される後遺症類

後遺症(後遺障害)については、その対応によってどのような賠償が行われるかという点に影響します。簡単に言うと、後遺症の等級が、賠償額に影響されるのです。また、国からどのくらいの援助を受けることができるかという点も異なってきます。

実際に、私達は自分が後遺障害を負っているということを証明する手立てが必要です。自分がそれを言っているだけでは、証明になりません。きちんと医師など、第三者に認可して貰う必要があるのです。また、医師に作成してもらう後遺障害診断書に記載漏れや曖昧な表現があった場合、不本意な後遺障害の等級に認定されてしまう場合もあります。しかし、診断書の正確性は個人で判断するのはとても難しいことです。正確な後遺障害等級を認定してもらう為にも、医師の診断書を確認し、漏れがあった場合は医師に指摘できる弁護士に依頼しておくと確実でしょう。

関連資料-交通事故での後遺障害の等級認定・賠償金交渉の無料相談アディーレ法律事務所

そうしてはじめて、後遺障害の認定が行われたことになります。後遺障害は、その度合いによって、いわゆる症状が進行することがあります。事故によっては、最初は『物損』だけであったのに、本当は『人身事故』であった、ということがあり得ます。これは、本来は自分の体に何も異変が無いと思っていたのに、本当は後遺障害を負っていた、という場合に生じ得ます。

その場合、何も手続きをおこなわないと、もとのとおり物損事故として扱われることになります。実際の交通事故の対応に関しては、被害者側であってもこのような注意点があるのです。ですから、後遺障害の認定、そしてそれにともなう手続きを、迅速に行うことが必要となります。

交通事故の被害

交通法規を理解した上で、当然ながら運転手は走行をしています。私達も安全な運転をするためには交通法規を確実に理解している必要がありますが、それをいつも実践できるかというとそれはまた異なってきます。法規はいつまでも私達を理解してくれる側にはありません。私達がそれを理解して、実践する必要があるのです。

例えば、自分自身で引き起こす単身の事故と、誰かを巻き込んでしまう事故があります。前者は、誰かに対して責任を負う必要は(普通は)ありません。しかし後者の場合、もし私達に責任があるのであれば、確実にその被害者側に対して、私達は責任を負わなければなりません。相手がどのような被害を受けたか、(これは逆の立場でも言えることですが)それによってどのような賠償を行うかという点も異なります。また、もし被害者側がその事故によって後遺障害を負ってしまったなら、それに基づいた賠償も行わなければなりません。

私達は、もしその当事者となってしまったら、その責任を『負えば良い』ということではなく、もっと後に引きずるようなものとなってしまいます。被害者に対して、のちのち迄残る傷跡を残してしまうことにもなります。それが、交通事故の被害がもたらすものです。

交通事故被害と後遺症

皆さんは、『後遺症』というものに対して、どのくらいの理解があるでしょうか。ある方は、自分は分かっている、といいます。しかし本当に分かっているのでしょうか。そう疑問系なのは、いわゆる『後遺症』というものが、予想以上に難しい問題であるということをまだ知らない人が多いという点です。そもそも後遺症を負わなければならなくなってしまった方、その方が後遺症を負ってしまったことには必ずしも『きっかけ』があります。そしてそのきっかけがあって以降、生活が180度変わってしまうこともあります。

今まで簡単に行えていたものが行えなくなること、そもそも自分では生活することもできない、という方もおられます。いわゆる、『要介護状態』の方です。私達は、もちろんその被害者側にはなりたくないと思っているかもしれませんが、同時に、被害を与える側…いわゆる、加害者側にもなりたくない、と思っていることでしょう。これは、当然のことです。なぜなら、誰もがそうあることによって、少なからず『責任』を負わなければならないからです。そしてその責任は、事故が大きければ大きいほど、大きくなってしまうからです。

交通事故の被害者が後遺症を負った場合、または自分が負ってしまった場合のことについて考えましょう。これから取り上げる点は、決して誰にとっても関係の無い事ではありません。もしかすると、私達自身が当事者になる可能性があるということも考えながら、この事柄について考えてみましょう。